自己紹介

勉強法

こんにちは、このブログの管理人をしておりますドクター・Kといいます。

このブログでは勉強に関する様々な話題を取り上げています。英語の勉強、受験勉強、そしてビジネスにおいて必要な会計の勉強などなど。そして、そもそも勉強するにはどんなことに気をつけなくてはいけないのか、どうやったら効率的に勉強できるのかといった、勉強の仕方そのものの解説にも力を入れています。

思い起こせば人よりたくさん勉強してきた自分だからこそ、勉強方法で悩んでいる多くの人たちに向けて有益な情報が伝えられるのではないかと思い、そのような記事を書くことを心がけています。

ここでは、そんな自分がどのような勉強をしてきたかについて、少し長めの自己紹介をさせてもらおうと思います。

知らないことを学ぶのが楽しかった少年時代

小さい頃より勉強が好きというよりも、自分の知らないことを見たり聞いたりするのが好きだったような気がします。

両親ともに大学は出てはいなかったのですが、本好きの家族だったために常に周りには本がありました。今にして思えば、そのような環境も自分の知的好奇心を伸ばすのに一役買っていたのかもしれません。

さて小学校も高学年になろうかというとき、友達が一斉に塾に通い出しました。それまで学校以外の場所で勉強するなど考えたこともなかったので新鮮な驚きを感じ、また友達たちと学校以外の場所で会えるというのも楽しそうでしたので、親に頼んで自分も塾に通わせてもらうことになりました。

そこで教わる内容はおよそ学校のそれとは全く異なり、夢中になって授業を聞いたものでした。そのおかげもあり、中高一貫の進学校に合格することができたのでした。

大学受験の洗礼と出会い

進学した学校は中高一貫の私立校の中でも比較的のんびりとして自由な校風だったため、部活や読書など気ままに暮らしていました。受験勉強というものも高3の春まではまったくといって取り組んでいませんでした。

さて部活も引退していよいよ高3の受験生となるのですが、どうやって勉強をしたらいいのか見当もつかない中で、本当に偶然ともいえるタイミングで受験生のバイブルともいうべき本に出会います。それが「受験技法」でした。

詳しくはこちらの記事に書いたのですが(参考記事 ⇒ 東大受験生が絶対に知っておかなければならない最強の受験戦略とは?)、著者の和田秀樹氏による徹底的に合理的で戦略的な受験勉強法を目の当たりにして、この通りにすれば絶対に現役で東大に合格できると信じ込み、1年間の受験勉強を経て、無事東京大学に現役で合格できることができたのでした。

夢だった研究者になるものの。。。

大学合格後は理系の学科に進み、そこで最先端の研究に触れることになります。もともと未知へのあこがれがつよく、小さい時から漠然と研究者になりたいと思っていましたので、自然と博士課程まで進学し、博士号を取得することができました。

ところがなってみて初めて分かったのですが、実は理系の研究者の待遇というのは大変に悪く、ポスドクという不安定な身分のままいわゆる「ブラック研究室」と呼ばれる職場で働くことになってしまいました。(こちらの顛末は別のブログに書いてありますので、理系研究者の立場がどういったものかご興味があるかたは是非覗いてみてください。⇒ 外部リンク ポスドク転職物語

その後、紆余曲折を経て民間の企業でマーケティング関係の仕事をすることになります。

米国公認会計士試験を目指す

マーケティングの仕事は大変にやりがいがあり、知らないことをたくさん学べる機会も多くとても充実したものでした。

一方で博士上がりの自分が企業人として働くには、なにか基礎的なものが欠けているという気持ちが常にありました。

そんな中、たまたま「米国公認会計士(USCPA)」という資格を目にすることになります。

ビジネスの肝である会計の内容が英語で学べるだけでなく、法律・業務プロセス・ITなど多くの内容が含まれているこの資格は、自分にとって大変に魅力的なものに思えました。しばらく忘れていた知的好奇心の火が心に灯ったような気持ちになったのです。

会計も監査も経験のない自分が果たしてこの資格を取ることができるのか、不安と期待の中で勉強を始めることになります。そこでの苦労と失敗、そして合格までの道のりについては別の記事に詳しく書きましたので、そちらを読んでいただければと思います。

参考記事 ⇒ 社会人が働きながらUSCPAに合格し、大手監査法人に転職するまでの全過程

常に勉強している自分がいた

このように過去を振り返ってみますと、自分の人生は常に何らかの勉強をしていたように思えます。それもみな、勉強することで新しい知識に触れられることができるという知的好奇心にかられてのものでした。

一方でよくよく考えてみると、勉強そのものに対しても自分なりに色々と工夫してきたことに最近になって気づき始めました。いつもがいつも楽しい勉強ばかりでない時に、どうやったらやる気スイッチが入るのか、どうやって計画をたてたらいいのかを、意識的、あるいはときには無意識のうちにおこなっていたのですね。

このブログではそういった自分の実体験をもとに、どんな人でも確実に結果が出せるための勉強法について、様々な角度から解説していこうと思っています。

もしも勉強の仕方が分からずに行き詰ってしまったり、お子さんの勉強についてどうアドバイスしたらいいのか分からくなってしまたりしたら、お気軽にお問い合わせください。自分の経験が皆様のお役に立てるのであれば、これほど幸せなことはありません。

勉強の仕方などについてアドバイスをもらう

ad

ad

更新日:

Copyright© 社会人勉強ナビ , 2018 All Rights Reserved.