勉強のやり方について本気で考えてみた

勉強のやり方を教わったことはありますか?

何かを成し遂げたい。生きている中で、誰しも一度はそんな願いを持つのではないでしょうか。

勉強は誰にでもできる、極めて平等な「成功へのとびら」です。そのため、世間には参考書、塾、予備校といったありとあらゆる情報ツールがあふれており、最近ではスマホを使った動画配信なども目にするようになってきました。こうしたツールは誰でも簡単にアクセスすることができる一方で、それらを有効に使いこなせている人はどれほどいるでしょうか?

一つ喩え話をしてみましょう。ダイエットをして理想の体型を取り戻したいと望むことは、男女問わず最も人気のあるテーマとなっています。そのための方法について、世の中にはありとあらゆる情報があふれています。ところが残念なことに、多くの人は夢を実現することなく、道半ばであきらめてしまいます。その原因は何か?それは、正しい「やり方」をアドバイスしてくれる人が身近にいないからです。

勉強もそれと同じです。いくら優秀な家庭教師を雇ったとしても、有名な参考書を買ったとしても、どうやって勉強を進めていったらいいかという大局を指し示してくれるアドバイザーがいなければ、砂漠に水をまくようにどんな努力も無駄に終わってしまいます。このことに気づいている人が世の中にはどれほどいるでしょうか。

私は特に人より優れたところがあったわけではありませんが、勉強のやり方については小さい頃から常に考え続けてきました。そのおかげで、当初はE判定で絶対に受かるわけがないと言われていた東大に現役で受かることができましたし、社会人になってから始めた勉強では仕事を続けながらにして会計士の試験に合格することができました。繰り返しますが私は特に要領がいいわけでなく、どちらかというと何をするにも随分と時間がかかってしまう方です。それでも正しい勉強のやり方を身に付けていることができたために、夢を叶えることができたのです。

私の身の回りで確実に結果を出している人は(一部の天才的な人を除いて)、勉強の「やり方」を身につけたプロフェッショナルでした。そして彼らの話しを聞いてみると、そのための方法というのは多少の違いがあれどだいたい似たようなものだということに気が付いたのです。そこでこのブログでは、彼らが無意識的に手に入れた方法を「勉強アドバイザー」という立場でわかりやすく一から説明してみようと思います。

勉強アドバイザーが提唱する最強の勉強法フレームワーク

勉強をする上で知らなくてはいけない、2つの黄金ルール

このブログではあらゆる勉強の土台となる考え方として、2つのルールを紹介しています。このルールを、下の図を見ながら解説していきましょう。

勉強法フレームワーク

 

戦略的勉強法

まず最初のルールは戦略的勉強法です。どんな勉強をするにしても、その勉強法は戦略的である必要があります。戦略をもたない勉強は、計画を立てずに登山するようなものです。登ったつもりでいても頂上までたどり着くことは極めて困難でしょう。何よりもまず、戦略的に勉強するという意味を理解するところから全ては始まります。

戦略的勉強法とは?

やる気スイッチ

次のルールはやる気スイッチの入れ方です。どんなにすぐれた戦略を立てても、それを実行することができなければ絵に描いた餅です。勉強戦略を実行に移すためのエネルギー、それがやる気スイッチです。どうしたらやる気のスイッチを入れることができるのか、その方法を体系的に学びましょう。

やる気スイッチの入れ方

勉強法フレームワーク

戦略的勉強法とやる気スイッチの2つのルールは、ありとあらゆる勉強の土台となる重要なものです。これら2つのルールを身につけることで、受験、資格、英語など様々な分野の勉強の考え方が自然と身につきます。2つのルールを基礎とした総合的な勉強法を、このブログでは勉強法フレームワークと名づけました。資格や英語の勉強法について、勉強法フレームワークを使った具体的な方法を書いていきたいと思います。

勉強のやり方を身につけて、夢をかなえよう!

勉強のやり方は一度身につけてしまえば一生使えることのできるスキルです。ところが多くの人は、この基本的な考え方を誰からも教わることなく、ただやみくもに勉強をスタートしてしまい、そしてやる気をなくして挫折してしまいます。

でも安心してください!

勉強法フレームワークは誰にでも身につけることのできる考え方です。このブログに書かれている記事をよく読んでいただくことで、このスキルを手に入れてください。そして、あきらめていた夢をつかみましょう!

ad

ad

更新日:

Copyright© 社会人勉強ナビ , 2020 All Rights Reserved.